脱毛をするなら学生のうちに!学割があってお得です

小学生の頃よりスネ毛が剛毛で、半ズボンなどを穿いていたら友達が「引くくらいに毛深い」とバカにしてきました。ですから子供の頃は足を出す格好は出来ませんでした。周りのみんなが半ズボンを穿いていても私は長ズボンを履いていました。中学高校時代も体育の時の着替えなどクラスメートになるべく見られないようにコソコソと着替えていました。

今思えば学割があるうちに脱毛しておけば良かった・・・。このサイトを見つけて安さに驚きました。→学生メンズ脱毛

社会人になってもスネ毛の毛深さは全く変わらず、より一層濃くなってしまったようにさえ感じられました。当時付き合っていた彼女も私のスネ毛を見て気持ち悪いとののしり、それが原因で別れてしまいました。夏の海水浴は最悪でした。友達同士で海に行こうと誘われるのですが水着に着替えた途端に明らかに引いているのがわかり私だけをのけ者にするような行動をたびたびとられそれきり海水浴には誘われなくなりました。

それで仕方なくカミソリで剃ってみたものの数日するとチクチクと生えてきてかゆさでかきむしってしまいました。しかもそれを何度も繰り返したせいで皮膚もボロボロになってしまいました。剃った後に生えてきたスネ毛は剃る前より、より剛毛になっているような感じでした。このままでは夏は半ズボンも穿けず、海水浴に行くこともできず一生足を出して歩くことは出来ないのではないかと悩んでいました。でもその時の私はまだ剛毛のスネ毛を脱毛処理することは考えていませんでした。

しかし去年の会社での忘年会のことでした。上司の立案だったのですが所属部署の社員全員でミニスカを履いて曲に合わせて踊るという出し物をすると言い出しました。正直やりたくなくて当日具合悪いと言って休もうかと思っていたのですがそんなことをすれば会社での私への風当たりが強くなってしまいそうで私も当日ミニスカで踊りました。練習の時はズボンだったので誰も何も言いませんでしたが当日はミニスカだったのでスネ毛がモロに見えてしまいました。

忘年会会場は女性社員の悲鳴と男性社員の爆笑で私はその場から逃げ出してしまいたくなりました。上司はウケたので来年もやろうと言い出してしまったので来年も嘲笑の的にはなりたくないので多少高額のお金をかけてでも脱毛したいと心に決めた理由です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です